予防

腰痛になった時、どうされてますか?

腰が痛い人

私が往診をしていて患者さんで多い疾患は、

首の痛み
腰痛
膝の痛み

特に腰の痛みは、急に動けなく場合があるので、こんな感じで、私にSOSの電話が掛かってきます。施術中はスマホをマナーモードにしているのですが、着信が何回もあったり、留守電にメッセージがあったりと、とても緊急の用件で、一刻を争う状況が伝わってきます。

患者さんとのやり取り
光太郎
光太郎
もしもし、先ほどお電話を頂きました吉田鍼灸院の吉田です。
主婦
主婦
もしもし、ホームページを見てお電話したんですが、往診に来てくれますか?
光太郎
光太郎
もちろん、行けます。ちなみにどういった症状でしょうか?
主婦
主婦
1週間前から腰に違和感を感じて、湿布を貼ったり、痛み止めの薬を飲んだりしていました。

今日の朝は、痛みが辛くて仕事を休みました。ベッドから起き上がるのもやっとなんです。

光太郎
光太郎
それは大変ですね。
主婦
主婦
もともと、腰が重たくなったり、しんどくなることが多かったので、整骨院には定期的に通っています。

そこの先生が言うには、普段から姿勢が悪くなって骨盤が少しゆがんでると言われてます。

マッサージと低周波治療を受けていましたが、最近は仕事が忙しくなってから行ってないです。

鍼とか受けたことがないんですが、効果があるのかなと思いお電話しました。

光太郎
光太郎
わかりました。それでは、往診に行きますので、都合の良い日時や時間を教えてください。
主婦
主婦
○○にお願いします。

腰痛は、程度の差があると思いますが、誰でも一度は経験しているんじゃないでしょうか。皆さんは、痛みがツラい時はどうされてますか。

  1. 自宅で安静にする
  2. 病院・整形外科に行く
  3. 整骨院・整体に行く
  4. 鍼灸院に行く。

腰痛になったら、本当に困りますよね、仕事に行くこともできないかもしれませんし、精神的にもしんどくなって日常生活にも影響がでてしまいます。

ぎっくり腰になったら

正式には、急性腰痛と言います。椎間板やじん帯、関節や筋肉が損傷して痛みが起きます。人間の身体には、自己治癒力がありますので、一か月以内には、軽快し気にならなくなってきます。

まずは、安静にすること

損傷しているってことは、炎症を起こしているので、安静にして熱を持っている部分を冷やしてください。湿布を貼ったりするより冷やすほうが効果的です。

ただし、冷やす期間は、1~2日にしてくださいね。

あとは、寝るときは、横向きで!できれば、心臓が下なのは良くないので右向きに寝たほうが良いです。

安静にするといっても、長くても4日ほどしたら、徐々に身体を動かしてください。そのほうが治りが早いですよ。

痛めている時に、運動したほうが良いか

日常生活を送るくらいの運動はしたほうが良いと思います。

急性なら運動を控えて下さい。

腰痛に運動療法は効果的ですが、痛みがでることのストレスや不安を感じるんでしたら、運動しなくてもいいです。。

慢性的な痛みなら、少しでも外へでて日常生活を送ってください。

寝たきりのような生活だけは、送ってほしくないです。

激しい運動や筋肉を無理につけるような努力は必要ありません。

痛めている時は、体操やストレッチもやらなくて良いです。あくまで予防ですので、痛みが発症してからは遅いです。

様々な腰痛に関する本を読んでみても、

「運動療法が急性腰痛に有効かどうかは、答えが出ていないです。」

病院や整形外科に行く必要性

痛みが長引く時は、病院へ行って下さい。骨折や内臓の病気の可能性がありますので、MRIで診断したほうが良いです。排尿障害や安静にして動かなくても痛い時は必ず病院へ受診してください。

腰痛になった後の対処法

ここからが本来ですが、病院に行って腰痛になったら、お薬を処方してもらうか、手術をしてもらうか、どちらかの選択になります。

お薬での改善は期待できない

ロキソニンやボルタレン、湿布などありますが、痛み止め、鎮痛剤ですので、その場しのぎになります。ブロック注射もありますが、やはり一時的なものになります。

手術を選択

医者に手術を勧められて、一大決心をして手術を受けた方も多いです。

手術をして良かったと答える方やあまり変化がなかった。痛みが和らいでいたけど、1年後に再発したという話は聞きますよね。最近は、むやみに手術を勧める医者も減ってきたかなと思いますが、手術して正解だったのかは、誰にもわからないのが現状です。

痛みには、鍼灸が効果的です

年齢にもよりますが、骨が変形していたり、筋肉が硬くなっていたりして痛みがでます。

しかし、それだけでは痛みは出ません。

一番の原因は血流不足です。

特に慢性的な痛みの場合は、痛めている部分の血流が不足しています。ストレスからくる痛みも、交感神経が活発に働いた結果、血流の流れが悪くなったり、脳が痛みを覚えている、緊張からくるなど

すべて、血流不足で説明することができます。

鍼灸の一番すごいところは、ツボに刺すことによって、筋肉と脳を刺激して、痛めている部分の血流を改善することができます。

気分もすっきり!身体もスッキリ!

光太郎
光太郎
ツラい痛みの時、鍼灸も選択肢の一つになってくれたらなと思います。

出張・往診の吉田鍼灸院は、

枚方市・八幡市・京田辺市が往診エリアですので、もし良かったらお電話してください。お待ちしてます。