お悩み

首の痛みは鍼灸治療で改善できる!

首の痛みを改善。

首の痛みについて

首の痛みって、症状が悪化すると、首を取りたくなるくらいツラくなりますよね。

まずは、一人で悩まないで、病院や整形外科を受診することが大事です。

レントゲンやMRIの検査で、科学的に原因を突きとめてください。

鍼灸師や柔道整復師・整体師など、

法律で確定診断をしてはいけないことになっています。

あなたの症状は、○○ですと言っている

医者以外の先生もいてますが、

私なら、病院で検査してもらって、

医者に確定診断してもらいます。

お互いにとって、安心できます。

病院の治療法や薬を飲んでも効果がでないっていう方は、

鍼灸を選択肢にいれてほしいです。

私がクビの症状で改善できる代表的なものは、

首の症状で、私が改善できるもの。
  • 頸椎症
  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • ストレートネック
  • 痙性斜頸(頸部ジストニア)
  • 顎関節症
  • 首に関係する症状

吉田鍼灸院で施術する患者さんは、

  • 首が痛くて、動けない。
  • ストレッチで改善しない。
  • 整体院や整骨院の指圧で改善しなかった。
  • 病院や整形外科で手術をすすめられた。
  • 鍼灸院でも改善しなかった。

簡単な症状の方がいてません。

慢性的な痛みや症状が多いですね。

ただ、個人的には、

初期症状の時に、どうにかしたほうがいいです。

慢性的な痛みや手術の影響が何年かあとにでたりすると、

時間がかかる場合もあります。

肩こりとかストレートネック、猫背が原因になってもありますが、

そもそもの原因は、

仕事が忙しかったり、生活環境が過酷だったりして、

身体が頑張りすぎたんだと思います。

このブログを見てくれているってことは、

どこの鍼灸院に行こうか迷っていると思いますので、

私の施術を、少しでもイメージしてもらえるように解説していきます。

首の痛みが改善しないのは。|吉田鍼灸院

痛みの原因は筋肉です。

筋肉がガチガチに固まってしまって、

筋肉と関節が動いていないからです。

もっと分かりやすくいうと、

首が緊張したままです。

それを放置していると、

固まり→硬まり に変化します。

文字通り、石のように固くなります。

これを、硬結(コウケツ)と言います。

硬結があると、筋肉が骨のように硬く感じます。

硬結になっている部分に鍼(ハリ)を刺すことによって

痛みの改善と柔軟性を取り戻すことができます。

筋の付着部(首)

筋肉は、骨に付いていますが、

付着部のところに硬結ができると、

  • 血流不足になる。
  • 神経を圧迫することがある。
  • 骨と筋肉が動かない。
  • 硬結部分に痛みがでることがある。

さまざまな症状がでます。

上のイラストは、筋肉や骨を簡単にかいていますが、

実際は、血管や神経・靭帯などがありますので、

痛みだけではなく、自律神経にも影響がでます。

首の痛みで、鍼(ハリ)を刺すポイント!

患者さんにハリをさすときに、

ポイントにしている部分について解説します。

頸部 または 頭頚部にハリをさします。

鍼(ハリ)を刺す時に、ねらう場所。

鍼を刺すポイント(頸部)

上のイラストの赤い囲み縦線に、ハリをさします。

ポイントは、筋の付着部と骨ぎわにさします。

少し専門的にいいますと、

筋肉の起始部と停止部と腱を意識しています。

  • 起始(筋頭)……固定されているか動きすくない。
  • 筋腹……筋肉の中央部分。
  • 停止(筋尾)……動きの多いほう。

上のイラストで説明しますと、

赤色四角で囲んでいる部分が停止部になります。

頭部の停止部が、

ガチガチに凝り固まってしまうと痛みがでます。

アタマが詰まって、骨のようになっています。

ここにハリを刺すと、なんてことでしょう。

痛みがとれたり、頭痛や肩こり改善に繋がります。

あとは、関節部分にハリをすると、

首がまわりやすくなります。

使用する穴(ツボ)や治療穴について

穴(ツボ)は、三種類あります。

  • 経穴(ケイケツ)……鍼灸学理論体系の中で活用するツボ。361穴あります。
  • 奇穴(キケツ)……鍼灸学理論体系とは別の考え方で、臨床の場で応用されるツボ。
  • 阿是穴(アゼケツ)……触られたり、指圧されたりした時に感じる圧痛部や敏感になっている点。硬結や陥凹している点です。

これらを使い分けて、治療穴を決めていきます。

私が一番だいじにしていることは、

ハリを刺す時と、抜く時の感覚です。

硬い筋肉がハリにくっついて、抜く時に開放されるイメージをもっています。

魚釣りをしている感覚かもしれませんね。

一般的な鍼灸院は、置鍼(チシン)といって、

一般的な鍼灸施術

ハリを何本もさして、10分ほど置いてから抜きますが、

私の場合は、

手とハリの感覚が大事だと思っているので、

一本さして、抜いてと繰り返します。

手間ヒマと集中力がいりますが、

そうすることによって、

患者さんのカラダの状態や筋肉を正確に把握することができます。

これが、私流のオーダーメイドの治療です。

最後に。

首の痛みは、やっぱり鍼灸が効きます。

ハリを刺すことって、とても勇気がいることですが、

想像しているよりイたくないです。

痛みを貯めるのではなく、リラクゼーションを貯める。

リラクゼーションの貯金がたまったら、

鍼灸を受けるサインです。

鍼灸施術は、手術でも注射でもありません。

あなたのカラダを癒します。