お悩み

頭痛を鍼灸治療で改善。

頭痛は鍼灸治療で改善!

肩こりや首の痛みなどで、お悩みの方も多いですが、

それは軽度の症状で、本当にツラくなるのは、

頭痛の症状がでたときじゃありませんか。

片頭痛や緊張性頭痛、後頭神経痛になると我慢できなくなって、日々の生活ができなくなります。

ストレッチやヨガ、姿勢がどうとかの話もはいってこなくなりますよね。

ロキソニン・カロナール・トリプタン系薬剤を飲んでも、

徐々に効果がでなくなってきていませんか。

一日でも早く、改善しなきゃダメです。

結論から言いますと、

鍼灸治療なら改善できます。

理由は、

筋肉の固い硬結をとることができるからです。

鍼灸治療は、ハリで身体を刺激することができるので、

「神経」と「血管」に働きかけることができます。

刺激で、ホルモンを増加させる働きもありますので、

自律神経の症状を整えることもできます。

それでは、じゅんを追って説明していきますね。

頭痛の原因。|吉田鍼灸院の考え。

頭痛の原因は

筋肉の緊張セロトニン不足です。

頭痛にも種類があります。簡単に説明すると、

血管が関係する頭痛と神経が関係する頭痛があります。

血管性の頭痛
  • 片頭痛……血管が拡張して痛む
  • 緊張性頭痛……筋肉が緊張して、血流が悪くなって痛む。
神経性の頭痛
  • 後頭神経痛(大後頭神経痛・小後頭神経痛・大耳介神経痛)……緊張した筋肉が神経を圧迫して痛む。
  • 三叉神経痛……血管が神経を圧迫して症状がでる。

血管性と神経性に分類していますが、筋肉のあいだを通っていますので、

筋肉と神経と血管は、ひとまとめで考えたほうがいいです。

後頚部(k筋・血管・神経)

上の図は、筋肉を何枚かはがしています。

見たとおり、筋肉のすきまから、神経や血管がでていますよね。

これを何て言うか知っていますか。

 三密(サンミツ)です。

人間の身体は、ソーシャルディスタンスできません。

筋肉に硬結ができると、骨の動きが悪くなって、

痛みや頭痛などの症状がでます。

首・頸部の痛みについても知っておいてほしいので、

下のリンクも参考にしてください。

筋肉は、道路(ロード)なので、血管や神経がスムーズになるための道です。

頭の筋肉の骨際が、干し肉みたいになると、

「何でもないようなことが、幸せだったと思う。」

と、頭痛で苦しむことになります。

もう1つ知っておいほしいことがあります。

頭痛は、猫背やストレートネック、骨盤のゆがみが原因だ!

と言っている先生や、整体院や整骨院でも、そんな説明されていますが、

半分正解で、半分不正解かなっておもいます。

骨盤矯正に関する記事も書いてます。

頭痛のポイントは、「セロトニン」です。

セロトニンの不足は、片頭痛の悪化をまねきます。

セロトニンと筋肉も深い関係性があります。

抗重力筋

セロトニンの働き

  1. 抗重力筋の働きを活発にする。
  2. 睡眠にも関係する。(昼セロトニン、夜メラトニン)
  3. 自律神経を安定させる。

日差しを浴びて、運動する。筋肉を働かすことが大事!

セロトニンが不足していると

  1. 抗重力筋の働きが低下すると、筋肉が固くなって痛みがでる。
  2. 寝つきが悪くなる。
  3. 自律神経が、不安定になる。
  4. 頭痛の症状。

ストレートネックや骨盤の歪みがでると、セロトニン不足につながる。

抗重力筋が低下するので、首~足まで、さまざまな症状があらわれます。

もちろん、肩こりや腰痛にもなります。

セロトニン不足になる原因

  • 身体の疲れやストレス。
  • 長時間ゲームやパソコンに集中。その結果、日光不足や同じ姿勢でいることで、筋肉の緊張。
  • 不規則な食事と睡眠。

女性が、片頭痛になりやすいのは原因があります。

女性ホルモン(エストロゲン)が減少すると、

セロトニンも減少します。

ということは、月経周期も関係するので、女性にとってはつらいですよね。

これが、片頭痛になりやすい原因です。

女性ホルモンは、腱(けん)やじん帯を柔らかくする働きもあるので、

女性ホルモンとセロトニンの減少は、

血管性・神経性の頭痛、どちらの症状がでてもおかしくないってことになりますね。

頭痛を予防するには。

予防チェック

筋肉を緊張させず、セロトニンを増やすことが大切。

セロトニンを増やす
  • 規則的な生活を心掛ける。
  • 太陽の光を浴びる。
  • スクワットやストレッチなどの運動。できれば、反復するような運動がベスト。
  • 食事の時、よくかむ。
  • トリプトファンとビタミンB6を含む食品を食べる。

セロトニンの材料=トリプトファン+ビタミンB6

トリプトファンを含む食材

バナナ、豆乳、牛乳、ヨーグルト、プロセスチーズ、ひまわりの種、アーモンド、肉類、赤身魚、糸引納豆、すじこ、たらこ、白米、そば

ビタミンB6を含む食材

  • 赤身の魚(マグロ・カツオなど)
  • 肉類(牛・豚・鶏など)
  • レバー類(牛・豚・鶏など)
  • 豆類(大豆・小豆など)
  • 果物(バナナ・プルーン)

「健康は一日してならず」です。

忙しいと食事が偏っちゃいますが、少しは意識したほうがいいかなって思います。

これを食べなきゃっていうより、バランスの良い食生活を目指しましょう。

頭痛の予防には、首に負担を掛けない!

同じ姿勢を維持していると、身体は緊張状態になります。

でも、仕事や日常生活の中で改善するのは、

めちゃくちゃ大変だったり、物理的に不可能だったりします。

ここで、知ってほしい知識があります。

  • 頭の重さは、およそ体重の10パーセント。
  • 長時間、同じ姿勢でいていると、緊張性頭痛や片頭痛になる。
  • 首が細くて長いと、頭を支えるときに不利。
  • 首が折り曲がっていると、頸椎についているじん帯が伸びて固まってしまう。

長時間、同じ姿勢でいて、首が折り曲がっているときがダメです。

ストレートネックがダメな理由もわかりますよね。

無意識に筋肉を緊張させていると、この順番で悪化します。

  1. 筋肉の血流が低下し、いつまでも低下したままの状態になる。
  2. セロトニンの減少。
  3. 中枢性痛覚過敏。痛みの感じやすさが増強。
  4. 自律神経症状→交感神経機能低下。
  5. 慢性頭痛になる。

緊張状態を作らないことがだいじですが、

現実的な予防は、寝るときの姿勢を見直すことだとおもいます。

高くて固い枕は、首の筋肉の緊張や首のじん帯が

伸びて固まる原因になります。

寝具については、どれを使ったら良いのか個人差がありますが、

首に負担がかからない寝具(枕・マット)を選びましょう。

このブログを読んでいるということは、

鍼灸治療をお考えだとおもいますが、

自分に合った寝具と鍼灸を選んでください。

頭痛を鍼灸治療で改善。

私の鍼灸治療は、慢性の痛みを改善することが得意です。

意識していることは、

痛みの改善と筋肉の緊張をリラックスさせることです。

頭痛も筋肉の固さをとってあげれば、症状は改善されます。

ハリの刺激は、セロトニンを増加させると言われてます。

筋肉が柔らかくなって、痛みがとれたら、

科学的に考えて、セロトニンも分泌されます。

鍼灸は、穴(ツボ)にさすので、

魔法のように考えているかもしれませんが、

身体をハリで刺激することによって、

あなたの身体は、特別なことをしなくても、

自然と改善されます。

痛みではなく、スッキリとした感覚。

ハリのある生活を過ごしてください。